急にお金が必要になった時の対処法

 

●餅は餅屋、借金は消費者金融

急にお金が必要になったら、よく利用している消費者金融で借りてきます。

その時すでにお金を借りていた場合、更にお金を借りるのに抵抗は有りますけど、他に解決策もないので仕方なく借金を重ねると思います。

整理整頓が苦手で、物の保存状態にあまり頓着しないので、何か手持ちの物を質に入れても、大したお金にはならないでしょうしね。

物を売ってお金を作れないなら、どこかから借りてこないといけないわけですが、以前友人にお金を貸したらいつまで経っても返してもらえず、しびれを切らして取り立てたら、逆ギレされて絶交された挙句に悪評をバラまかれた事が実際にあって、お金の貸し借りで人間関係が壊れることを身をもって知ったので、貸すのも借りるのも二度とゴメンです。

その相手が友人じゃなくて親戚でも同じです。
むしろ切ろうと思えばすぐ縁が切れる友人より、生半可なことじゃ切れない縁のある親戚から借りる方が、面倒が長引きそうで抵抗があります。

その点消費者金融は、お金の貸し借りをするために出来た会社ですし、滞納でもしない限りなんの後腐れもありませんからね。
餅は餅屋と言いますし、借金は消費者金融に頼るのが一番です。

ちなみに同じ借金でも、銀行からお金を借りるのは、審査が厳しくて銀行から狩りられなかったという親戚が何人か居ますし、少額のキャッシングと完済を繰り返してる私も、何らかの理由で弾かれそうな気がとてもするので、最初から当てにしていません。

学生の方でも利用する事が出来ますしね。≪こちらを参照に

 

●思いがけない事に金銭が必要になった時はどうするか

急に、思いもよらぬ事で、金銭が必要になった時にどうするかという課題に対して、私なりに考えたのですが、既に親は他界していて、親を頼る事も出来ないので、金額によりますが、精一杯、自分達、夫婦の預貯金の中で、何とかしたいと思います。

それでも、不足であれば、仕方がないので、自分達の持家を売却すると思うのです。

売却する時には、それに代わる住処がいるので、その資金を考えなければなりませんが、親戚を頼った所で、日々、借金に追われて暮らす事になりますので、自分達夫婦二人が住める場所であれば、多少の事には、目をつぶってでも、他からの借金は出来る事ならしたくは無いと思うのです。

我々夫婦にとって、結構長い期間の家のローンの返済は、毎月の事で、暫くすれば習慣化したりはしましたが、返しても、残る額の変動の小ささに正直、つかれた記憶がありますので、金融機関であれ、出来る限り、借金は御免こうむりたいと思います。

急に必要となる金額によりますが、我々夫婦にとっては、日々、贅沢もしていない生活を送っているつもりですから、コツコツと自分達の出来る範囲での預貯金を増やす事で、急な事にも対応できればそれで良いのではないかと思います。

時々、若い人達の考え方の中には、今、毎日、生活出来れば良いからと、意外と高額品を、ボーナス等を使って購入するような事も聞きましたが、お金の必要時というのは、急にやってくるし、そうでなくても、出費がかさむ時は、立て続けに起こるものだと感じているので、出来る限り、親にも頼る事がしなくて済むような考えでお金とつき合って欲しいと思います。

 

●「物を売る」か「キャッシング」

急に必要になったとき、すぐにお金が入るのは「物を売る」ことだと思います。

といってもフリマアプリなどは即金にならないので、ブックオフやセカストなどのリサイクルショップになると思いますが、リサイクルショップはフリマアプリに比べてそれほどお金が入らないんですよね…。

キャッシングのカードを持っているならキャッシングで借りるのもいいですね。
もし持ってなくて新規で借り入れる場合は審査で引っかかったりして数日かかる場合があるのでそれも厳しいと思います。

私としては、親や身近な友人に借りるのは最終手段です。めったに借りません。お金はやっぱり信用ですし、返済が滞ってしまいそうになった時に「ごめんちょっと厳しいかも」「いいよー」となぁなぁになってしまうのが嫌なのです。

同じ理由で、友人や家族にお金を貸すのもいやです。

私自身が母子家庭で育ち、学生時代は生活保護も受けていたためお金についてはかなり厳しく育てられたのもありますがお金というものは節約していればある程度は何とかなると思っています。

それでもお金が必要なときはやはり物を売るかキャッシングですね。1万円以下のさほど多くない額なら物を売る、高額になるならキャッシングになると思います。

フリマアプリは時間が少しかかる難点はありますが、「本当に欲しい人」の手に渡るのでものによってはかなりプレミアの値がついたりするのでちょっと珍しいものを持っている時は利用するかもしれません。

消費者金融でお金を借りるという事

再三無利息という理想的な条件で借り受けられる、消費者金融業者も存在しますが、気を抜くべきではありません。金利ゼロで借りられる無利息という事実に目がくらんで、余分に借りてしまっては、いつ泥沼にはまってしまうかわかりません。

実体験として利用してみたところ思いがけないことがあった、などという口コミもみられます。消費者金融会社の様々な口コミを公開しているページがとてもたくさんありますので、チェックしておくといいと断言します。

万が一あなたが完全な無利息で借り入れができるという消費者金融を探しているなら、即日での審査完了に加えて即日キャッシングにも応じているので、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが、最もお勧めできるところだと思います。

よく見かけるネットで明示されている金利情報をお知らせするだけでなく、借りられる限度額との比較を行って、多くの消費者金融の中のどこの会社が一番効果的により低金利で、融資を行っているのかを比較しましたのでご参照ください。

「差し迫った必要性があって今日までにお金が必要となった」・「親兄弟にも友人にもお金を貸してとは言いにくいし」。そんな時こそ、無利息期間が設定されている消費者金融に力を貸してもらうのが一番です。

一旦「消費者金融の口コミ」と入れて検索してみれば、大量の口コミサイトなどが画面に出てきます。いったい何処の部分まで信頼していいの?なんて戸惑ってしまう方も、割と多いと思われます。

既に消費者金融系の業者への申し込みを行う際に、インターネットを活用する人もたくさんいるので、消費者金融を扱った口コミサイトや、個性あふれる比較サイトもとてもたくさん存在します。

消費者金融における審査とは、利用客がきちんと収入を得ているかに関して確認をとるというより、申込者本人に借りた金額を絶対に返す見通しが本当にあるのかを審査するのが目的です。

ご自身に釣り合うものを冷静に、知ることがとても大切な点です。「消費者金融系」並びに「銀行・信販系」ということで色々と比較しましたので、一つの参考としてご覧いただければ幸いです。

消費者金融系列のローン会社から融資をしてもらう場合、気がかりなのは低金利についての比較ではないかと思います。平成22年6月において貸金業法へと変わって、業法になったことから、今まで以上に規制の内容が徹底されることになりました。

初めて借り入れをする際に、金利を比較してみることが最もいいアイディアではない、と言ってもいいでしょう。あなたにとって抜群に安心感があって、まじめな消費者金融を選択してください。

2010年6月の改正貸金業法の完全施行に応じて、消費者金融業者と銀行は大差のない金利帯で融資をしていますが、金利のみを取り上げて比較してみたならば、相当に銀行系列のカードローンの方がお得な設定になっています。

申し込みたい借金先を絞り込んでから、そこの口コミを閲覧すると、挙げてみた消費者金融業者には入りやすいか入りにくいかというような情報も、具体的によくわかっていいのではないかと思います。

基本的に、知名度のある消費者金融業者においては、年収額の3分の1を超える債務があれば、カードの審査が上手くいくことはないと思われますし、借入の数が3件以上あるという場合もそうです。

急いで現金を用意しなければならない方のために、当日でも借りるのが楽な消費者金融を比較した情報をランキング形式でご案内しています。消費者金融に関しての基礎知識も公開しています。

学生の方でも20歳以上で、アルバイトなど収入があれば利用する事が可能となっていますよ。

詳細はコチラから
※お金を借りる事について※
・借りることにいいことはない。

「お金を借りる」と一言で言っても、まずどういった理由でお金を借りなければならないのか。ということが気になります。お金を借りてまでしたいことがあるのかなと思うからです。

「ない袖は振れない」という言葉があるように、例えば旅行に行きたくても、新しいお洋服が欲しくても、お金がなければ我慢するしかないですよね。

なので、簡単にお金を借りるというということは好きではないです。まずは今ある収入を考えて計画的に使わなければならないと思うからです。結婚して子供ができて、急にお金が必要になった時に、どうしてもお金が足りないならば、家族や親せきに借りるべきだと思います。

お金を借りる前に、ある程度貯金していればいいのに…とは思いますが。また、消費者金融は絶対に考えられません。消費者金融が嫌なのは、金利が高く良いイメージがないからです。実際に借金をしていた人を知っていますが、利息だけでもかなりの金額でした。お金を借りること自体、好きではありません。

しかし、どうしても致し方ない理由なのであれば仕方ないとは思います。ただその前に本当にお金を借りなければならないのかを考えて行動するべきだと思います。また、友達に簡単にお金を貸してという人も信用できません。

仮に自分がお金貸してと言われたら、本当に仲が良くて信用ができる友人ならば、金額によって考えます。冷たいかもしれませんが、まず大事な友人にそのようなことをいう事自体、どうかと思います。

借りる方も貸す方も良い気ではないと思いますし、貸す方は特に、返ってくる不安もあると思います。「貸す方はあげる気で貸さなければいけない」と言いますが、本当にその通りだと思います。

貸す方は返ってこなくてもいいと言う気で貸さなければならないと思います。お金のやり取りは大きな問題を起こしますし、友人関係もどうなるかわかりません。どちらも責任を持って行動しなければならないのです。

お金を借りて公開している人も知っています。お金を借りるという事を軽々しく扱ってはいけないと思います。
・お金を借りる行為は、時として深刻な事態を招きます。

実体験から思うことは、お金を他人から借りる事はとても深刻なことだということです。

学生時代、友人から約7000円借りた事がありました。実際には、ある費用を立て替えていただいたのですが私の収入事情によりすぐに返すことが出来ませんでした。

友人には何度か催促されましたが、事情を話し待ってもらいました。2カ月後、何とかお金を工面して振り込みで返金したのですがその友人からは絶縁宣言されました。

金銭面以外の不満を私に前から感じていたのかもしれませんが、現金のやり取りがきっかけで友人を一人失ってしまいました。

それを機に、どんなに小さい金額でもお金を誰かに立て替えてもらうことや貸してもらうことを絶対に辞めようと決意しました。たとえそれが100円でも貸し借りしてしまうと人間関係にひびが入ってしまうと思っています。

それから数年後、当時付き合っていた彼が、運営している会社がうまくいかないというので10万円貸してほしいと頼んできました。丁重にお断りしましたがどうしても工面できないということでしたので、10万円を貸しました。

二人は結婚するつもりでしたので、いずれはお財布が一緒になると思いこみ、無理やり自分を納得させていましたが、結局彼とは破局。しかし、お金の貸し借りで手痛い思い出がある私は別れても3年間はお金を返してと言い出しませんでした。

返金を要求した途端、楽しかった思い出などが全て無くなってしまう気がしたからです。
しかし、仕事上出張が続き現金が必要なった事がきっかけで、その彼に返金の話をしました。

しばらくやり取りがあった後、振り込みで返金して下さいました。無事、全額返済されましたが、なんだか思い出がチープになってしまい虚しさを感じたのを覚えています。

冷静に考えると、私が彼に連絡を取らなければ、彼は私へ返金する意思は全くなかったと思います。人としてありえない考え方だと今は思いますが、お金というのはそれ程の行為をさせてしまうものなのです。

他人からお金を借りる行為は、家族であろうと友人であろうとあっという間に人間関係を崩してしまう行為だと思っています。

ですから、よっぽどのことがあったとしても私は自力で何とかしなければならないと思っていますし、お金で他人様を頼ってはいけないのだと、このような体験から身をもって実感しています。

ローンの返済方法を考えてから借りるべきでした。

私の若い時分には普通預金を組むと総合口座でカードローンもついになっていました。
最初のうちはカードローンも総合口座の借入もしませんでした。
これは仕事が覚えられなかったのが原因でした。
最初に着いた部署が経理で、資産や負債も分からないのが現状でした。
勤めて3年でどうにか使えるようになりました。
上司の係長が俺も少しは楽になると喜んでいたものです。
その後また3年たって、支店に転勤になりました。

ここの支店は下町の一角にありました。
その後6か月で営業に回されました。
最初はお客さんとはお話がよくできなかったですね。
お客さんは競馬や競輪、野球が好きでしたね。
私の不得意の部門です。
そこでお客さんと話を合わせるために競馬も覚えました。
スポーツ新聞を買って勉強しました。
競馬の話もどうにかできるようになりました。
そのころからです。自分でも馬券を買うようになりました。
同じ競馬をTVで見ていても賭けているのと賭けていないのでは、興奮度が大分違っていましたね。
支店の仲間にも本場場に連れていってもらいました。
競馬場は広くてきれいでしたね。馬の疾走に感激しました。一瞬のことです。

朝6時半過ぎに出て、馬場に着くのが8時前です。
ここで整理券をもらって、飲み屋で一杯です。
8時半過ぎには中に入れてくれました。
最初は何百円で遊んでいました。
それがだんだんカッカして何千円になっていきました。
朝のうちに当たると帰りにはトータルですっていました。
終わりの方で当たれば、その日は儲かりました。

そのうちに仲間同士でマージャンもパチンコも覚えました。
私も熱中する方なので、結構のめりこみました。
そこで負けると、最初に手を付けたのが総合口座の借入でした。
その後にお定まりのカードローンに手を出していました。
あまり罪悪感はありませんでしたね。
カードローンは儲かったり、給料が入るとすぐに随時返済しました。
金利が高いので借りっぱなしでは金利がかさんでしまいます。
最初は5万円ぐらいでしたが、だんだん上がって来て30万円ほどになりました。
これはボーナスで返しました。
若いころはこの繰り返しでした。

ローンの返済方法をきちんと計画してからローンを組むべきなのにそんなことも考えずに利用してしまっていました。

ローンの返済方法について書いてくれているサイトを先日見つけたので載せておきますね。⇒ローン返済方法

借りたけど、返済できないってなったとき、また借入をする方法もありますが、そうするといつまでたっても借金は減らないままになってしまいます。なので、借りるときにいつまでにいくら返済して・・・とか、次の給料で一括返済できる額だけ借りるとか、そういったことを考えたうえで借りるべきだったと、経験した僕は思っています。
その後体を壊して、マージャンや競馬やパチンコはやめました。
その結果カードローンも使わなくなりました。

若いころの無茶な遊びのつけでしょう。
しかしバックにカードローンがあると安心できましたね。
いざとなったらカードローンを使えばいいのだという感じでした。
借りてもすぐ返せば金利もそれほどかかりません。
要は付き合い方だと思います。

 

イー・キャンパスの学生ローン

学生の方がお金を借りるなら、学生ローン専門の金融業者「イー・キャンパス」を利用するのがお勧めです。

イーキャンパス?聞いたことない。という学生さんも多いかもしれませんが、学生ローン会社では老舗で有名なローン会社なので安心して利用する事が出来ますよ。

店舗も、学生の街「高田馬場」に構えているので、高田馬場近郊の大学に通う学生の方は、イーキャンパスの文字を一度はみたことがあるんじゃないかな、と思います。

Q.そもそも、学生ローンとはなんなのか?

A.その名の通り、学生の方を対象としたローンとなっております。学生の方でもお金に困る事ってあると思うんですが、そのような時に融資を受ける事が可能となっているんです。

他にもローン会社は沢山あるんですが、学生の方は借入出来ない…なんてローン会社も存在するので、学生の方が借入希望なら、イーキャンパスのような学生ローン専門の金融業者を利用するのがいいでしょう。

ただし、イーキャンパスなら必ず借りれるといった訳ではありません。基本的な借り入れ条件があるので、そちらを満たしている場合申込みが可能となっています。

申し込み条件
・20歳以上の学生
・アルバイトなどで、定期的に収入がある方

上記条件を満たしていれば、申込み可能となっています。

20歳以上でも、アルバイトなどしておらず収入の無い方は利用できません。そもそも、収入がないのでお金を借りても返す当てがないですからね。このような方は、まずアルバイトを探すのが先決です。

また、アルバイトなどで毎月安定した収入があるけど、19歳以下という方も利用不可となっています。いくら収入があっても、未成年の方には融資が出来ないようになっています。

このような条件は、他のローン会社もほぼ同じだと思います。細かい違いはあるかもしれませんが、基本的に、「20歳以上で収入がある」この2つの条件は絶対だと思っておくといいでしょう。

一応他のローン会社についても紹介しておくので参考にしてみて下さい。【http://www.douchkaesposito.com/

そういえば、イーキャンパスはお友達紹介キャンペーンをしているので、もし周りの友達でローン利用を希望している方がいたら紹介してあげるといいですよ。

1人紹介するごとに、最高5000円を頂くことが出来るのでお得ですよね(^^)/
ただし、無理やり誘うのは止めましょうね。友達を失くしちゃいますよ。。。

お金がない!!そんな時の対処法

「給料日までもうちょっと!」というような方に適した小口キャッシングでは、実質無利息で融資を受けられる見込みが結構大きいので、無利息期間が存在する消費者金融を能率的に活用したいものです。
どれだけ金利が安いと言っても、消費者側はどこよりも低金利の消費者金融業者にお金を貸してもらいたいと考えるのは、当たり前のことです。当サイトにおいては消費者金融の金利を低金利比較をしながらお知らせしていきます。
自己破産してしまったブラックの方でも利用できる小規模の消費者金融の一覧表があったとしたら、借金をするのに有効活用できますね。緊急にお金が必要な時、借入できるローン会社をすぐに見つけることができます。
数ある消費者金融の系列会社の比較サイトで利用できる、簡易シミュレーションなどで実際に試してみることも必要でしょう。返済にかかる回数や、毎月の返済額等から、それぞれに適した返済プランを組んでくれます。
昨今の消費者金融会社は、即日融資を売りにしているところがほとんどなので、あっさりとお金をゲットすることが可能です。インターネットから申し込みをすれば一日中いつだって大丈夫です。
今の時代、消費者金融そのものが雨後の筍のように増えていて、どこにしたらいいか困惑する人がたくさんいると思われるため、ウェブ上や専門誌などで総合ランキングの形式などの口コミを目にすることがすぐにできてしまいます。
即日での審査並びに即日融資でその場で、借入ができますので急にお金が必要になっても安心!かつ、伝統がある消費者金融業者だったら、金利も低めになっているので、安心感を持って借り入れすることができます。
再三にわたって実質金利ゼロとなる無利息で貸し付けてくれる、お得な消費者金融会社も存在しますが、警戒心をなくしてはいけません。無利息で金利無料という誘いに自分を見失って、余分に借りてしまっては、元も子もない状態になってしまいます。
ありがちなネットで公式に発表されている金利をお知らせするだけでなく、利用限度額と比較してみた時に、多くの消費者金融の中のどこの会社が一番合理的により低い金利で、キャッシングをしてくれるのかを比較してご紹介しています。

借りる金額でも金利は変わりますので、選ぶべき消費者金融業者だって異なって不思議ではありません。低金利ということにのみやたらと拘っても、ご自身に丁度いい消費者金融会社との出会いは望めません。
銀行系の消費者金融会社は、できれば貸し出しOKとなるような独特の審査基準というものを強みにしているので、銀行カードローンの審査を断られた方は、銀行グループの消費者金融の方を試してみてはいかがでしょうか。専業主婦がお金を借りることのできるところもありますので調べてみてくださいね。
銀行系の消費者金融業者の場合でも、パソコンからの申し込みが可能になっているところも結構あるのです。それによって、カードローンの審査スピードの向上と当日すぐに融資が受けられる即日融資が実現できました。
消費者金融の金利と言えば、ローンあるいはキャッシングの性能を示すものと言ってもよく、現時点で利用客は比較サイトを巧みに使いこなして、手際よく低金利のキャッシング会社を十分に比較してから選び出すことが当然という時代になっています。

 

自動車学校費用の支払い

私は現在大学4年生の21歳男性です。現在、運転免許証取得の為自動車学校に通っています。周りの友達はほとんど免許を取得しているんですが、私だけ取りに行くのが遅れ、ようやく取得する為学校に通うようになりました。

免許を取る気になったのもちょっと順番が逆になってしまったんですが、車を先購入してしまったからなんですよね。仲のいい先輩が車を買い替えるからと、今まで乗っていた車を安く譲ってくれました。

私は今まで3年間パチンコ屋のバイトをしてきているので貯金もあり、車の購入はどうにか支払う事が出来ました。さすがに無免許で車を運転する訳にはいかないので、現在免許取得に励んでいるんです。

ただ、免許取得で困った事があります。それは自動車学校に通うための費用です。意外と高くてビックリしましたね。先程も言ったように今ままで貯めていた貯金は車の支払いに使ってしまい、教習所代は残っていませんでした。しかし諦めるわけにもいかないので、学生でも利用可能のローン会社でお金を借りて支払いしました。

ちょっと高いですが、遅かれ早かれ必ず必要になるものですからね。早く免許を取って、自分の車を運転したいです。