ローンの返済方法を考えてから借りるべきでした。

私の若い時分には普通預金を組むと総合口座でカードローンもついになっていました。
最初のうちはカードローンも総合口座の借入もしませんでした。
これは仕事が覚えられなかったのが原因でした。
最初に着いた部署が経理で、資産や負債も分からないのが現状でした。
勤めて3年でどうにか使えるようになりました。
上司の係長が俺も少しは楽になると喜んでいたものです。
その後また3年たって、支店に転勤になりました。

ここの支店は下町の一角にありました。
その後6か月で営業に回されました。
最初はお客さんとはお話がよくできなかったですね。
お客さんは競馬や競輪、野球が好きでしたね。
私の不得意の部門です。
そこでお客さんと話を合わせるために競馬も覚えました。
スポーツ新聞を買って勉強しました。
競馬の話もどうにかできるようになりました。
そのころからです。自分でも馬券を買うようになりました。
同じ競馬をTVで見ていても賭けているのと賭けていないのでは、興奮度が大分違っていましたね。
支店の仲間にも本場場に連れていってもらいました。
競馬場は広くてきれいでしたね。馬の疾走に感激しました。一瞬のことです。

朝6時半過ぎに出て、馬場に着くのが8時前です。
ここで整理券をもらって、飲み屋で一杯です。
8時半過ぎには中に入れてくれました。
最初は何百円で遊んでいました。
それがだんだんカッカして何千円になっていきました。
朝のうちに当たると帰りにはトータルですっていました。
終わりの方で当たれば、その日は儲かりました。

そのうちに仲間同士でマージャンもパチンコも覚えました。
私も熱中する方なので、結構のめりこみました。
そこで負けると、最初に手を付けたのが総合口座の借入でした。
その後にお定まりのカードローンに手を出していました。
あまり罪悪感はありませんでしたね。
カードローンは儲かったり、給料が入るとすぐに随時返済しました。
金利が高いので借りっぱなしでは金利がかさんでしまいます。
最初は5万円ぐらいでしたが、だんだん上がって来て30万円ほどになりました。
これはボーナスで返しました。
若いころはこの繰り返しでした。

ローンの返済方法をきちんと計画してからローンを組むべきなのにそんなことも考えずに利用してしまっていました。

ローンの返済方法について書いてくれているサイトを先日見つけたので載せておきますね。⇒ローン返済方法

借りたけど、返済できないってなったとき、また借入をする方法もありますが、そうするといつまでたっても借金は減らないままになってしまいます。なので、借りるときにいつまでにいくら返済して・・・とか、次の給料で一括返済できる額だけ借りるとか、そういったことを考えたうえで借りるべきだったと、経験した僕は思っています。
その後体を壊して、マージャンや競馬やパチンコはやめました。
その結果カードローンも使わなくなりました。

若いころの無茶な遊びのつけでしょう。
しかしバックにカードローンがあると安心できましたね。
いざとなったらカードローンを使えばいいのだという感じでした。
借りてもすぐ返せば金利もそれほどかかりません。
要は付き合い方だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>